嫌いなデッキも使ってプレイの幅を広げよう!

DQR

 皆様久しぶりです。先週の金曜日までに大学院の研究室の本と資料を自宅に持ち帰る必要があったり、家が本と資料であふれて掃除したりで忙しくブログを更新できませんでした(泣)

 さて、皆様には負け続けているデッキはありませんか。今でしたら、イレブンテリーやピサロに勝てない旨のツイートをよくみかけます。
 特定のデッキに勝てないとき、他人にどうすれば勝てるか意見を求めるのが効果的です。しかし、時間がかかるし、そもそも都合よく勝ち方を教えてくれる人がいるとも限りません。
 そんなときは、負け続けるデッキを自分で使ってみることをおススメします。たとえ嫌いなデッキでも使いましょう。ピサロも使いましょう。

・負け続けるデッキを使う理由

 負け続けるデッキを使うことでそのデッキの勝ち筋と負け筋を知ることができます。ドラゴンクエストライバルズでは、勝ち筋と負け筋をどれだけ把握できているかが勝率に繋がります。
 細かく勝ち筋・負け筋を分析する必要はないです。例えば、フローラピサロのイレブンテリーに対する勝ち筋は、序盤に低コストユニットを展開し、大型ユニット召喚時にリーダーのHPを削られすぎないようにする、程度で大丈夫です。

 相手の負け筋はこちらにとって勝ち筋になるので、知ることができたら積極的に狙っていきましょう。逆に、負け筋は行ってはいけません。

・負け続けるデッキの使い方


 デッキリストは、ネットでランキング上位の人が使っているデッキリストをそのまま使いましょう。所持カードの都合でデッキリストが多少変わってしまう場合もあります。しかし、全部のカードを持っているときは30枚全部同じでないとだめです。単にデッキの勝ち筋・負け筋を探す場合にデッキリストを自分で考える必要はないからです。また、慣れていないデッキリストを変えることは多くの場合、元のデッキを弱くします。

 実際に使うときは、あまりプレイに悩まず回数を重ねましょう。そして、勝つときのパターンと負けるときのパターンを言語化して分類してみてください。私がイレブンテリーを使用して、相手がフローラピサロのときの分類は次のような感じです。

〇勝ち筋

 序盤からユニットを展開して大型ユニットを出してくる6~8ターン目に押し切る。
 大型ユニットをコンガオンガやウルノーガ&ウルナーガで処理してテンポを取る。
 イレブンレベル3までにテンションを貯めておき、テンスキで6ダメージと盤面のユニットでリーサル。

〇負け筋

 序盤にユニットを展開できず、相手の大型ユニットに蹂躙される。
 あくまのきしで攻撃を上手いタイミングで止められてせめきれない。
 れんごくちょうや破壊神シドーでこちらのユニットをうまく除去される。

 自分の使わないデッキもある程度は使っておくと本当に勝率があがるのでぜひいろいろなデッキを使ってください!!なにより、多くのデッキを使った方が楽しいです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました