懐かしいデッキが建物カードで進化!エイト塔ピサロ

DQR

 英雄カード最初の3枚のうちの1枚であるエイト。実装から今迄の間テンションスキルを軸とするデッキで活躍しました。5月の11弾でスタン落ちするこのカードの最後になりうるデッキになるかもしれないのがエイト塔ピサロです。
 強さ自体はTire2にも届かないですが、面白さはTireGODなのでおススメです!

 どれくらいおもしろいかというと、ビルドゼシカが流行っている日に使いまくって250溶かしてもさらにランクマで使用としていました。

1 デッキリスト

 最終的にこのリストが一番しっくりきました。
 まずは採用しているカードの説明をし、その後に不採用と候補カードのことを書きます。

(1)採用カード

魔力解放

 塔とエイトレベル3を1ターン早く使うのがメインの役割です。3ターンキッシム、4ターン塔の動きは超楽しいです。それ以外にも、複数のカードを使うために使ったり、テンション上昇に使うこともあります。

闇への供物

 魔剣士を象徴するMP加速カード。どくあおむしやピサロのてさきに使うのが理想ですが、思い切ってピサロナイトに使うのが大事です。

どくあおむし

 低コストユニットやにおうだちユニットに対して有効なカード。余ったコストで召喚できるのが高コスト主体の魔剣士と相性抜群です。対ビルドデッキでは、他のユニットの裏に配置することで超スーパーカーの確率を50%にできます。

零の洗礼

 1コスト1ダメージ+ふういんの万能除去。におうだちユニットや死亡時効果を持つユニットに余ったコストで対処できるのが強力です。対商人ではレッドプレデター対策で1枚は温存しておかないと凄惨な盤面が形成されます。

死への誘い

 スキルブースト要員かつ、超強力な除去カード。逃げまくるエルギオスを除去すると相手がコンシする仕様になっています。

ピサロのてさき

 フォロワーさんに教えてもらって試してみたら強力だったカード。エイトピサロは、3ターン目にテンション+2コストで動きたいので2コストユニットだけで価値があります。しかも盤面維持や供物のコストに貢献します。そして、塔召喚後だと死亡時に43のピサロナイトが召喚されるのが強すぎました。43のスタッツは3コスト相当なので単純に1コストお得です(そもそも21のピサロのてさき本体がお得ですが…)。超スーパーカーの的にされてもピサロナイトが出るので安心です。

ヒートギズモ

 前列か後列かで2ダメージとテンション上昇を使い分けれる便利な2コスユニット。3ターン目テンションと合わせて召喚する動きが強化なため2枚。

キッシム

 2コストのスタッツを持ちつつ、おうえん、塔のサーチ、塔のコスト−1とオマケが多いカード。基本的に4ターン目にテンション上昇と合わせて使いたいが、魔力解放がある場合には3ターン目に召喚して4ターン目に塔の召喚を狙っていく。

とげこんぼう

 テンション+2によってエイトレベル1の回数を稼ぎ、塔の召喚後はピサロナイトの展開に使えるので2枚。

じごくのよろい

 このデッキで1番面白いカード。正直ホメロス抜いてでも入れたいです。5MPになる頃にはスキルブーストが2回発動してるので552が基本的なスタッツです。塔召喚後は43のピサロナイトを合計2体召喚でき、相手からすると鬱陶しいです。しかし、5コストが微妙に使いづらい(5か6コストの塔が優先されるためじこくのよろいは後回しになります)ので1枚にしました(泣)

デスマシーン

 自分のユニットで相手ユニットと相打ちするだけで3コストになる化け物。基本的に3コスト44におうだちとして使います。ケチケチして温存してもコストは大して下がりません。闇への供物と合わせて3ダメージを出すオシャレリーサルは最高です。

ホークブリザード

 スキルブースト要員の最強格。超スーパーカーを出されていもて、スーパーカーの前に召喚することでいやらしいウォールを張れます。基本的には他のカードとくっつきで出して盤面の取り合いに貢献させます。超スーパーカーで除去されるユニットの裏に配置することで相手のユニットを除去できるとテンポロスが少ないです。

 このデッキの主役です。なるべく早く召喚し、エイトピサロのテンスキの発動の容易さと合わせて盤面を取っていきます。配置は、基本的に後列ならどこでも良いです。

魔軍司令ホメロス

 647の最強スタッツに加え、魔剣士に足りない直接火力(相手リーダのHPを直接削るカード)として活躍してくれます。特に説明することもないほど強力なカードです。れんけい効果で前列への召喚を封じるとにおうだちユニットが機能しなくなるので次のターンにエビルプリーストでの攻撃が通りやすくなります。

グレイツェル

 テンションを上げつつ相手の攻撃を止めれる最強カード。特に、奇跡テリー相手にはリーサルが来る前のターンで召喚することで勝ちを拾えたりする。奇跡テリーにリーサルされそうな場合とは、奇跡の攻撃力+テンスキ(3点)+剣豪の闘志(2+テンスキの回数 )+プチファイター(2点)が自分のHP付近のときです。

終焉の波動

 イレカミュや修道院ククール等の盤面で戦うデッキに強力。ダメージを与えるのではなく、攻撃力とHPを下げる効果のためククールに回復されないのが偉い。ゼシカと奇跡テリーには弱いので1枚です。

ガリンガ

 終焉の波動の最高のお供。3コスト以下にして他のカードとのくっつきで出だします。超スーパーカーを耐えるHP6のため以外と生存してくれます。終焉の波動からテンスキと合わせて召喚すると、相手はピサロナイトかガリンガのどちらかしか処理できない場合がほとんどです。

エビルプリースト

 エイトレベル3発動後の最後のひと押しとして強力。ククールやミネア相手にはエイトレベル3からのエビルプリーストで焼き払うプランを狙います。ファティーグが近づいてきたら温存することでデッキの枚数を稼げます。

(2)不採用or候補カード

プチさまようよろい

 1コストでピサロナイトを手札に加えることができるのでリソース確保でき、ピサロナイトは塔ピサロでは43の強力なユニットです。
 しかし、1コスト高いですがピサロのてさきはピサロナイトを死亡時効果で召喚できるのでそちらを優先しました。

プチターク

 1コストの低コストかつ、ガリンガ、エスタークをサーチできます。ピサロのてさきとの交換になりますが、塔ピサロではピサロのてさきのほうが強力だと思います。

オーガソルジャー

 入れてプレイしたらめちゃくちゃ面白かったですが、なくても勝てる試合でした。

デッドエンペラー

 塔を軸にしているのでスキルブースト要員を増やす必要はないです。そして、塔召喚時のピサロナイトは43で、デッドエンペラーから召喚されるじごくのきしは44なのでじごくのよろいでいいかなって思います。

じごくのざりがに

 魔剣士のカードって【じごく】って単語が多いですね。回復するくらいなら展開して勝ったほうがいいかなって脳筋の発想です。

煉獄魔斬

 イレカミュに対して強力な除去カード。終焉の波動との入れ替え候補ですが、終焉の波動のほうがエイトでは強力かなと思います。

地獄の帝王エスターク

 587の高スタッツが強力で、魔力解放で4ターン目に召喚すれば相手に絶望を与えることができます。採用していないのは、このデッキは6コストの塔の召喚を優先したいからです。もっとも、塔を確実に引けるとは限らないので、塔の代わりとして採用するのは強力だと思います。入れ替え候補は、じごくのよろい、終焉の波動、魔軍司令ホメロスあたりだと思います。

2 動き方

 プレイングについては、実際に対戦した際の解説記事を書いているのでそちらの記事も参考にしてください(デッキリストが少しことなっています)。

https://kanpa2blog.com/対戦解説%e3%80%80エイト塔ピサロvsイレブンカミュ%e3%80%8010弾no3

 

マリガン

 キッシム、ヒートギズモ、とげこんぼうを全力で探しにいきます。キッシムと合わせて魔力解放をキープします。
 魔法使い、商人に対しては、ピサロのてさきをキープします。

 エイトピサロは次のように序盤の動きがわりと固定されています。

(1)先攻の基本的な動き

1ターン テンション

2ターン テンション、エイト起動

3ターン テンション、2コストユニットorキッシム

4ターン テンション+キッシム、とげこんぼうor魔力解放塔

5ターン 塔orじごくのよろいorおうえんユニット等

(2)後攻の基本的な動き

 先攻とほとんど同じですが、3ターン目にとげこんぼうを召喚するパターンがあります。

(3)5ターン目以降の動き

 塔を召喚しているなら、とにかくテンションスキルを回してピサロナイトを展開して積極的に相手リーダーのHPを削りに行きます。エイトピサロはユニットの攻撃でリーダーのHPを削らないといけないので、相手ユニットの処理に集中すると相手のHPを削り切ることができません。

 塔を召喚していない場合、スキルブーストカードを使ってエイトのレベルを上げていき、エイトレベル3の発動を狙います。キッシムや塔を引いたときは塔を使うプレイにシフトしていきます。 

3 おわりに

 記事を読んでいただきありがとうございます!!

 プレイングについて書こうとすると時間がとてもかかるのでナーフ後のデッキ紹介で行いたいです。エイトピサロは本当に楽しいので是非遊んでみてください。ただし、ポイントが解けても文句はいわないでくださいね(笑)

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました